【大会日記】第4回べあー杯個人戦に参加しました!

どうもみなさん、こんばんは。Channel No.4の…no4xtk(ヨンエヌ)です。

8月27日、28日に初の2DAYS開催となった第4回レジャーランドべあー杯!

僕は2日目に行われたべあー杯では初の個人戦部門に参加させて頂きましたので
今回は大会に向けて考えていたことや感想を書いていきます!


参加するまでの経緯

べあー杯は第1回から配信で観戦していましたが、

エリナ杯の時に一緒に新潟まで行ったひたらぎさん、EGPTさんが
第3回べあー杯に向けての取り組みなどを話しているのが面白そうで
僕も参加してみたいなぁ…と思うようになりました。

しかし、最近の大会は告知が開催の2~3週間ほどの直前で、
休みの調整さえ出来れば参加出来るのに…と泣いていました…

そんな中、第3回べあー杯では支援の募集があり、
支援ついでに告知を早めにして欲しいと要望を出したところ
今回は二ヶ月前という異例の早さでの告知があり感動しました。
(早めに予定を立てられれば参加したいという人も多かったでしょう)

自分も早めに告知をして欲しいと言った以上は参加希望を出せねば…
ということでmosaic(A)の理論値を達成したRK選手と、
単発・発狂・癖譜面・皿担当のENMT!選手と突貫チームを組んで参加希望を出しました。

結果としては参加枠6チームに対して
参加希望は脅威の19チームということでチーム戦は落選。

個人戦では3名全員当選とのことで、
我々は敵同士として参加することになりました…


当日までの対策

8月5日に参加者の発表と組み合わせの抽選配信があり、
ここで初めて強豪揃いの他の参加者達を知ることになりました…

抽選で決まった初戦の対戦相手はJAXYA選手、ZEXX選手、GOLUSI選手。

2回戦に進んだ場合は、
他の2人が相当頑張らなければ対戦相手は46プロとTENIN選手

更に準決勝に進んだ場合は再び組み合わせが抽選になるため
RIN選手、PPJTプロ、O24CUP選手、KEEL選手、HERMIT選手、
NGF.SF選手…もしくは彼らに勝利した強豪選手との対戦になります。

僕は誰にでも通せるような絶対的な武器が無く、
対戦相手によって選曲を変えるタイプのプレイヤーなので
組み合わせによっては投げる曲なんにもねえな…となるような予感がありました。

大会への取り組みとしては
先月中旬くらいから職場のコロナ感染が増えて全然プレー出来ていなかったので、
まずはBPL実力テストを詰めつつ地力を戻すところから始めました。

実力テストの課題曲の範囲ではある程度地力が戻ったので
期間が終わってからは苦手な物量・高速系を練習しました…が、

あまりにも押せなくなっていたので
諦めて自選曲を練習する方に時間を割くことにしました。

自選曲候補としては
・Timepiece phase II (CN Ver.)
・TRIUMPH
・Dynamite
・灼熱Beach side Bunny
・op.31 叙情
・IMPLANTATION
辺りの曲で考えていました。

自分より物量が苦手な人にはLEGGENDARIA譜面を投げたいところでしたが、
今回はANOTHER限定なのでチャージ系譜面で、
皿が苦手な人には灼熱、ソフランが苦手な人には叙情、
どれを投げても厳しそうな相手ならインプラを投げるつもりでした。


AMMKRN師匠…

特に叙情はKEEL選手、PPJTプロ、YULI選手以外には概ね勝てそうなので
どこかで一回は投げるつもりで練習していました。

また、僕が格上に対策系を投げつけようとしているように
ワカラン殺される可能性もあったので危険なソフラン系は一通り確認しました。

他にもTwitterでべあー杯のアドバイザーを募集してよく知らない人の情報収集したり、
僕一人だけべあー杯根暗部門を頑張りました(?)


厚木入り

今回からはレジャーランド厚木店での開催で
川越からは圏央道で一発で行けるのですが、渋滞しがちなのがネックでした。

早起きして早朝に出発するか悩みましたが、道中が混んでても疲れるし、
折角久しぶりに厚木まで行くなら村田屋と麺や食堂には行きたかったので
27日の深夜に移動することにしました。

出発直前に気付きましたが、
昔の自分なら予定の前日と当日を休みにしていたはずなのに
今回は無意識に当日と翌日を休みにしていて"老い"を感じましたね…

深夜の圏央道は快適ですぐに相模原まで到着。
目当てその1の村田屋に寄って厚木のネットカフェで就寝しましたーーーー

当日は10時に起きて11時半頃に会場入りしました。

既に練習しているプレイヤーもいて、そのレベルの高さもですが、
なにより会場の広さにビックリしました。

計画と設営、めちゃめちゃ大変だったでしょうね…

挨拶をして受付を済ませたら、練習(筐体確認)タイムです。

1番左、2番目、そして1回戦で使用する1番右の筐体でプレイをしましたが、
1番左は2Pのターンテーブルに少し反りがあって鍵盤も軽く、
正直この台ではやりたくないな…と思いました。

逆に1番右の台はターンテーブルの重さも良い感じで
他の2台よりも鍵盤も重めだったので
1回戦は気持ちよくプレイ出来そうだと安心しました。

レジャーランド厚木店のボタンに重りを乗せる異常者現るーーーー

1番左の台は1番右の台より重り2枚程度、約12g軽かったです。


1回戦

全体の流れなどは他の人も書かれると思うので割愛して
自身の対戦について振り返っていきます。

1回戦の対戦相手は当初の組み合わせ通り
JAXYA選手、ZEXX選手、GOLUSI選手。

ここで考えていたことは
2回戦の対戦相手は概ね46プロとTENIN選手になると思われるので
そこで対策系を投げてくれそうなJAXYA選手が2位を取りそうな曲を投げるかどうかです。

ZEXX選手は高難易度が得意なので2回戦で高速系を選ばれるとかなり厳しく、
GOLUSI選手は選曲傾向がわからなかったので悩みました…

もし忖度するならJAXYA選手が得意としているMarie Antoinetteでしたが、
前日のチーム戦がめちゃめちゃ盛り上がっていたこともあり、
対戦相手が名札に得意曲として書いている曲を投げて2連マリーになったら…
しかもそれでうっかり負けたら目も当てられない…と色々考えて、

King of Party Rockersの決勝でやらかしたリベンジで練習していた九尾狐夜行にしました。

この曲だと他の2人に地力で勝るZEXX選手がポイントを取りそうでしたが、
彼なら格上相手に分が悪いまっすぐな高難易度譜面は投げないだろう(願望)
あっても前日のチーム戦でLICHT選手に投げていたmosaicのような心臓勝負曲だと思われるので
それで負けるなら仕方ないと考えました。

1回戦課題曲

・JAXYA選手 / Sarutobi Champion is 拙者
NO4XTK 2pt / JAXYA 1pt

1曲目から(僕の中では)現行作に存在しないはずの曲が飛んできてビビりました…
SINOBUZのウィークリーの時の記憶を辿ってギアチェンするか悩みましたが、
変なことをして事故るよりもゆっくり確実に皿チョンして安定を取ることにしました。

・ZEXX選手 / Tiempo Loco
NO4XTK 2pt / ZEXX 1pt

MEGAERA辺りの正規が無難だけど重めの譜面で来るかと思っていましたが、
一発目だからか優しめの選曲で助かりました…

自己ベストがミラーなのでミラーを選択。
ZEXX選手も言っていたように良いアップになりました。

・GOLUSI選手 / Heavenly Sun (IIDX VERSION)
NO4XTK 2pt / GOLUSI 1pt

RANDOM LEGACY、RANDOM、RANDOM LEGACY、S-RANDOM LEGACY(僕)

MAX-8は歴代自己ベスト!

集中力ゲーなのでかなり怪しかったのですが、
自選を残して2曲で4ptを取れていたので気楽に臨めたのが良かったです。

某密告人から
GOLUSI選手はちょっと前にA3で疾風迅雷†を投げていたとの目撃情報を得ていましたが、
中盤まで同点で嘘情報乙!と思いながらプレイしました…w

・NO4XTK / 九尾狐夜行
NO4XTK 2pt / ZEXX 1pt

トリルの位置を判別したら割れていて身構えすぎて大ミスしました…

とはいえ、譜面の流れをある程度覚えていないとポロポロ落としがちな曲なので
慌てず騒がず最後まで落ち着いてプレイ出来て無事に1位エンド。

今回は最後の皿もしっかり回せたので
やっと僕のKing of Party Rockersが終わりました…


YouTubeコメントより

えらいでしょ

Cブロックの結果は僕が8ptで1位、
ZEXX選手が2ptの2位で2回戦進出となりました。


2回戦

Dブロックは予想通り、TENIN選手と46プロが勝ち上がり、
NO4XTK / ZEXX / TENIN / 46 の対戦カードになりました。

一番左の筐体だけには当たりたくなかったのですが、
そこそこよくある範囲の筐体なので仕方ないですね…

このメンツでは灼熱Beach side Bunnyを投げるつもりでしたが、
スクラッチ事故の不安があったので見送り。

僕がアリーナ配信をしていた頃に46選手との対戦でよく投げていた
Timepiece phase II(CN Ver.)を選択しました。

後はZEXX選手の選曲と、TENIN選手のガチ押しを頑張るのみ…

2回戦課題曲

NO4XTK / Timepiece phase II (CN Ver.)
NO4XTK 2pt / 46 1pt

TENIN選手がLEGACY(真)を付けていてビビりました

2位以内が厳しいと考えて手を温めるのに専念する作戦かな?と思ったら
自己ベストがLEGACYなんですね…

対戦としては最初の不整脈地帯が珍しく光り、
その後も調子が良く中盤までに60点ほどリードすることが出来ました。

十分なリードが取れ、軽い鍵盤で縦連が入らないことに不安があったので
後半はCNの始点だけを叩いて安定策を取りました。

しかし、盛り下がってたらゴメンーーーーと考え事をしていたら
見事に精度も下がってしまったので
結果的にはガチ押ししに行った方が得だったかもしれません…

・ZEXX / DIAMOND CROSSING
NO4XTK 2pt / 46 1pt

ZEXX選手を連れてきて、本当に良かったーーーー

ランダムでもほぼ問題ないので悩みましたが
事故らなければ2位は取れると考えてミラーを選択。

対戦としては僕だけ遅延していたので
競ってる内は実際勝ってるとわかったので安心して臨めました。

・TENIN / Go Ahead!!
TENIN 2pt / 46 1pt

ガチ押しどこ???

ガチ割れが来るように祈りましたが願い届かず終わりました…
ハードなら落ちてそうな内容でしたが何とかAAAは出せて良かったです。

TENIN選手、上手すぎ!!

・46 / Life Is A Game ft.DD"ナカタ"Metal
46 2pt / TENIN 1pt

Go Ahead!!の酷い出来映えから
ハズレ譜面だととんでもないことが起こりそうだったのでミラーを選択しました。

ここまで
NO4XTK 4pt / ZEXX 0pt / TENIN 2pt / 46 3pt

準決勝進出の条件は
自力で2位以上 or 46プロかZEXX選手が1位だったのですが、
中盤の時点で2位は無理そうだったので
後半はほぼスコアグラフを見ながら46プロの応援をしていました…

結果的には46プロが素晴らしいプレーで1位を取ってくれたので
なんとか首の皮一枚繋がりました(神)

2回戦第2試合の総合結果は
46 5pt / NO4XTK 4pt / TENIN 3pt / ZEXX 0ptで準決勝進出となりました。

TENIN選手と同ptになっていたらEXSCORE差で敗者復活戦行きだったので
AAAを出せなさそうでも灼熱を投げるべきでしたね…


準決勝

準決勝は再び抽選で組み合わせが決まるのですが、
残念ながらまた1番左の筐体に当たってしまいました…

対戦相手は再びの46プロとRIN選手。

そして敗者復活戦で
NAGACH選手、ZEXX選手、PPJTプロから1名が復活します。

順当にいけばPPJTプロの実力が頭一つ抜けていますが…

解説の紅茶さんがとんでもない曲を引いたのでわからなくなりました。

この日はU*TAKAプロに注目されし男NAGACH選手が仕上がっており、
それがなくてもDUE TOMMOROW一発勝負は"ほぼ運"です。

正直、戦うならPPJTプロ以外だと助かりますが、
旧知のプロがこういう戦いで負けるところは見たくなかったので
素直にメチャメチャ応援してました…

結果はPPJTプロが1位となって復活し、
対戦カードはNO4XTK / 46 / RIN / PPJT となりました。厳しい。

本来の予定では
この組み合わせならIMPLANTATIONを投げたいところでしたが、
好みの鍵盤じゃないとガチ押しが安定しないのでナシ。

高難易度は間違っても投げられず、
皿はRIN選手、PPJTプロに勝てず、
叙情はPPJTプロに勝ち切れる気がせず…

自選曲で2ptを取れないと終わりなので選曲はメチャメチャ悩みました。


↑この時、左側に2人います。

悩み過ぎて準決勝Aが終わっても決めきれず、
練習タイムにRK選手たちを呼び出して何を投げるか考えていました(異常者)

こういう時に誰が相手でも自信を持って投げられる曲があれば…
悩んだ末にアリーナでよく投げているSnakey Kung-fuを選曲しました。

準決勝課題曲

・NO4XTK / Snakey Kung-fu
RIN 2pt / PPJT 1pt

ここで1位を取れなければ終わりと思ったら緊張してしまい…
FASTしか出ない歴史的に下手なプレイでした。

普段はランダムでしかやらない譜面ですが、
緊張考慮でR乱にした方が良かったかもしれません。

中盤であまりの光らなさに「下手過ぎるだろ!」と声が出ましたが
後ろの人には聞こえていなかったようで良かったです(?)

・RIN / Level 3
RIN 2pt / 46 1pt

46プロの筐体が再起動になった影響でプレイ順が前後しました。

FOHTE選手のプレイを見て最近練習していた譜面ですが、
皿が合わず、自選を落として気落ちしていたのもあり酷い内容でした。

RIN選手の早い連皿は流石の切れ味でビビりました。

・46 / がっつり陰キャ!? 怪盗いいんちょの億劫^^;
46 2pt / PPJT 1pt

既に敗退が決まって心は折れていたものの気合いを入れて
普段と同じ画面にするためハードゲージに変更。レガシーは付け忘れました。

ハード効果か途中までは2位ペースで耐えていたのですが、
皿を回した時に押したつもりのない鍵盤を触ってしまい崩壊ーーーー

・PPJT / EROICA
46 2pt / RIN 1pt

せめて1ptは取りたい…と臨んだEROICA、
僕と46プロはランダム、RIN選手とPPJTプロはR乱でした。

当たりを祈ったランダムで…12トリルに襲われて死亡しました。

激ヤバ配置でも46プロはしっかり押せていたのでやっぱり地力は大切ですね…

準決勝の結果は
46 5pt / RIN 5pt / PPJT 2pt / NO4XTK 0pt

見事な完敗で準決勝敗退となりました。

流石に0ptは情けねえ…


参加した感想

優勝したパインアメ選手、おめでとうございます!

今回は初めて話した人や久しぶりに会えた人も多く
普段の一カ月分以上お話出来たので試合以外も楽しく過ごせました。

最後の対戦はとても残念な出来でしたが、
ずっと参加したかった大会に参加することが出来て良かったです!

準決勝以降に進んだ人たちは本番力も凄かったので
僕ももっと楽しめるように実力と自信を付けたいですね…

主催のべあーさん、スタッフの皆様、対戦した皆様、
そして応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

麺や食堂、神。