【大会日記】エリナ杯2022に参加しました!

どうもみなさん、こんばんは。Channel No.4のno4xtk/Ansai.です。

直前にも告知記事を出しましたが、
エリナ杯2022 beatmaniaIIDX29 Cast Hourに参加してきました!

全体的な感想は他の方も書かれていると思うので、
今回は僕の
大会への取り組みなどを書いていきたいと思います。


参加するまでの経緯

以前からプレイハウスエリナさんにはご縁があり、
ぜひタイミングさえ合えばエリナ杯に参加したいと思っていました。

しかし、仕事の予定が決まらない内に32名のエントリー枠が全て埋まってしまい
今回は残念だな…と悲しんでいたところ、
キャンセルが発生したとのことで急遽参加させて頂けることになりました!

後に来られなくなったのは尊敬するSTYU–さんと知り、
彼の枠で代わりに参加するには相当頑張らないとな…と感じました。


準備期間

キャンセル枠でエリナ杯に参加できることなったは良いものの、
参加メンツはかなりの強者揃い、BPLプロも多数参戦ということで困りました…

しかし、せっかく参加するなら行けるところまで行きたい(何ならプロの一人でもシバきたい)
と思い、今回は根暗作戦で行くことに決めました。

参加が決まったその日からmasaoさんの歴代・県別TOP表とTOPSCORERで
新潟、富山、群馬、福島、埼玉、千葉の県別歴代スコアを監視し、

特にop.31 叙情は高難易度勢はあまり詰めていないように見えたので
叙情を中心に練習していくことにしました。

元々の自己ベストは1550点付近でしたが、
叙情で有名なAMMKRNさんに励ましてもらいながら
前日までには1570~1600付近のスコアが出せるようになりました。

他にも投げられたときのための対策もしつつ、
自分でも投げられるようにVJ ARMY、Midnight Drive、era兄弟など、
“アリ"そうなソフラン曲を中心に対策していました。

ただ、FAXXだけはどうしようもなかったので無かったことにして完全に切りました。

また、1クレ目1曲目からスコアを出す練習も意識していましたが、
数日やって完全に向いていないことがわかったので、

(1)当日は別の店舗で長めにアップをする

(2)会場に専コンの鍵盤を持ち込んで指を動かす

(3)自選が一曲目になるA筐体を選び
中難易度のソフラン系で調子を整えつつポイントを狙う

という作戦を取ることにしました。


2022/4/29 エリナ杯2022前夜祭

新潟までの道のりを同行して頂くことになった
HITA*選手EGPT選手とともにタレかつ丼を嗜みつつ新潟を目指し、
大雨に襲われながらプレイハウスエリナに到着しました。

REO結界師やSEIRYUプロ、#MA3#プロ、U*TAKAプロをはじめ
全国各地のお知り合いとの再会を喜んでいたのも束の間、
一瞬の内に前夜祭開催の時間になりました…

前夜祭は抽選で選ばれた4人でのローカルアリーナ交流会でしたが、
僕が呼ばれたのはなんと一組目…

持ち込んだ専コンの鍵盤部分をバシバシしながら指を温めようと思っていたのですが、
温める間もなくの出番だったので焦りました。

対戦メンバーはREO結界師、一緒に来たEGPTさん、ちょっと前に稲毛で遊んだKYON選手と
僕を中心に集まったようなメンツが集まりニコニコでした。

ここでは根暗戦略を悟らせないためにいつものIMPLANTATIONを選曲。

前夜祭選曲
REO/かずあそび
EGPT/THE DEEP STRIKER
NO4XTK/IMPLANTATION
KYON/Hello Happiness

1曲目のREO結界師のかずあそびは
集中も怪しく、アップも不十分、しかもメンバーが強くて厳しい4位スタート…

EGPTさんのTHE DEEP STIRIKERは
配置が厳しくボロボロ落としながらもなんとか2位
エクハなら最初で落ちてた

自選のインプラでようやく解凍されてきてぼちぼちのスコアで1位

KYON選手のHello Happinessは曲も譜面も記憶がなく危なかったのですが
なんとか1位を取ることができ、無事に総合でも1位となりました。

ここで本番の感覚を体験出来たのはかなり有り難かったですし、

REO結界師に事前の挨拶のときに投げないでと言ったかずあそびが飛んできて
投げないでと言われたインプラを投げつけたのが世紀末って感じで良かったです(?)


2022/4/30 エリナ杯2022本戦

当日のエリナでのアップは混雑し過ぎて不可能だと思っていたのと
練習してきたソフラン曲を見せたくなかったのでラウンドワン新潟に開凸しました。

↑当日朝の発狂投げますアピール

作戦が当たって1時間半ほど念入りにアップを済ませ、
叙情もそこそこのスコアで安定してきたところで受付時間ギリギリにエリナへ移動。

いよいよ本番に臨むことになりました。

抽選の結果、僕の初戦のグループはUCCHIEプロ、HITA*選手、BEERKZ選手。

前夜祭の後も一緒にプレイをしたBEERKZ選手と
一緒に移動をして散々作戦の話をしたHITA*選手は近くに座っていたこともあり、

我々がポイントを独占出来てUCCHIEプロを0ptに出来る曲を投げれば勝てるのでは?
という話をしましたがそんな曲はある訳なく(まず自分だけでも安定しない)

各々作戦の探り合いをしながら(?)観戦を楽しみました。


1回戦

対戦メンバーを見てまず、UCCHIEプロはともかく
他のお二人には発狂系を投げた方が無難では?という考えがありました。

しかし、出来ればプロに勝ちたいという思いもあり、
初志を貫徹して自己ベストでは勝っているソフラン系で挑むことにしました。

仮に決勝まで行けても自選は3曲しか投げられないので
練習してきた曲を全く投げないまま敗退すると後悔しそうですし…

この時点で候補は叙情、VJ ARMY、era兄弟でしたが、
2回戦に進んだ時にPHN!Xさんと戦うことになりそうだったので叙情は温存し、
1回戦ではVJ ARMYを選曲しました。

対戦プランは自選で出来れば2pt、最低でも1pt、
UCCHIEプロは王道の難しめの譜面で来ると思っていたのでそこで1pt
後は知り合い二人の曲を出来るだけ頑張って
8pt or 7ptになるであろうUCCHIEプロにキャリーしてもらうという見通しです。

出番がかなり後ろの方だったので缶コーヒーで手を温めつつ、
専コンをバシバシしつつ"その時"を待っていました。

1回戦選曲
NO4XTK/VJ ARMY
HITA*/New Castle Legions
UCCHIE/Ergosphere
BEERKZ/Marie Antoinette

1曲目は自選のVJ ARMY
狙い通りにA筐体を取れたのは良かったですが、
思った以上に判定がない&UCCHIE選手が強い。

序盤の時点で自己ベストが出なくなるレベルで失点していたので
ギアチェンを確実に通して後半で2位ならOK!のつもりでやりました。

事前に練習してるときは
対プロでは後半のズレで捲られそうだろうなあと感じていましたが、
ここでは逆に慣れている分でお二人に差を付けられるかなと多少は安心して戦えました。

怪しいところもありましたが、結果は2位と最低限のラインは保てて良かったです。

2曲目はHITA*選手のNew Castle Legions
完全に予想外の選曲でしたが、
僕が東京都一を持っていた曲(最近MIKAMOさんに3点更新されたらしい)で
練習もしていたので安心して、出来れば1位を取るつもりで挑みました。

結果はUCCHIEプロに16点及ばず2位。
途中で良い勝負になっているところもあったと思うんですけど…

3曲目はUCCHIEプロ選曲のErgosphere
亜空間ジャズはポップンでしかやったことがありません…
しかし、曲は知っていたのと無難にやって2位を取れればOKなので
緊張して大崩れしないように逆に気楽にやりました。

結果は2位でここで1回戦の突破が確定しました。

1回戦最後の曲はBEERKZ選手のMarie Antoinette
これは以前アリーナで投げられてカウンターしたことがあったので
2回戦への景気付けに1位を狙いたかったところでしたが、
UCCHIEプロもBEERKZ選手もメチャクチャ上手い。

自身は1回戦突破の安堵感とBPM変化に見事にやられました…(3位)

ともあれ何とか2回戦進出です!


2回戦

無事に2回戦に進めたものの、
この形式の大会では勝ち進む限りUCCHIEプロと戦い続けることになりますので
僕が準決勝に進むためには勝ち進んだ他の2名を抑えなければなりません。
(僕がUCCHIEプロに勝てれば話は変わりますが…)

上位2名が2回戦の相手となる第8試合のメンバーは
LEF-10選手/PHN!X選手/REVIUS選手/HIKASA選手

ここではPHN!Xさんがほぼほぼ1位で上がってくると考えて根暗開始。

他3名分の県別トップなどもチェックしながら観戦していましたが、
結果は予想通りのPHN!Xさんと
バランス良く得点を獲得したREVIUS選手が対戦相手に決定しました。

2回戦の自選曲はUCCHIE選手から2ptを取れれば非常に大きく、
最大の壁となるPHN!Xさんが練習していないop.31 叙情で迷いはありませんでした。

アリーナptで引き分けの場合はEXSCOREの合計で順位付けされるので
冥とかが来なければこっちでも通過が狙えるのが激アツです。

2回戦選曲
NO4XTK/op.31 叙情
PHN!X/Red. by Full Metal Jacket.
UCCHIE/BEAT PRISONER
REVIUS/op.31 叙情(!?)

2回戦も無事にA筐体を選択でき、自選からスタートしました。
自選はかなり練習してきた叙情でしたが、UCCHIEプロが上手すぎる…

中盤の時点で1位に上がることはかなり厳しく、
しかし2位は取れそうだったのでギアチェンだけ気を付けて無難に完走しました。

事前の調査では
UCCHIEプロの自己ベストが1595点だったのに本番で1594点は危険過ぎますね…

2曲目はPHN!XさんのRed.(旧)
ミラーになかなか癖が付いていたのでランダムを選択しました。

以前アリーナで投げられてボコボコにされた記憶があったので
最初から気持ちでは負けていましたが、

実力テストで向き合った効果が出ていたのか、
終わってみれば2位のPHN!Xさんとは9点差の3位とかなり惜しい結果でした。

1位のUCCHIEプロは高すぎて今年のアピナも安泰だな…って感じでしたね(完)

3曲目はUCCHIEプロのBEAT PRISONER
僕は乱当たりとミラーであんまりスコアが変わらないので
他の人がランダムでハズレてくれれば儲けものと考えミラーを選択しました。

オプション選択も功を奏したのか、後半までは1位争いをしていましたが、
ターゲットのマイナスとプラスの点滅に心で負けて2位エンドでした…

最後の4曲目はREVIUS選手まさかの叙情被り
そんなにいきなり叙情が上手くなることはない(実体験)ので
正直なところ2位は取れるな…と安心して臨めました。

自選の叙情があまりにも情けないスコアだと感じていたので
すぐにリベンジする機会を頂けたのがとても有り難かったです。

結果は1575点と、練習中の安定していたスコアを出せて良かったです。

ちなみにUCCHIEプロは一回目と同じ1594点でした。[自己べ1600乗せてない なぜ][検索]

2回戦の結果はUCCHIEプロ8pt、僕3pt、PHN!X選手1ptで
準決勝への進出が決まりました!


準決勝

準決勝に進出したのは
グループ1がG*プロ/RIOOプロ/SEIRYUプロ/1-PINプロ
グループ2がU*TAKAプロ/U*PAFE選手/UCCHIEプロ/僕

と、プロだらけのかなりヤバい世界になっていました。

また、準決勝は☆12の楽曲をBPLの課題ジャンル別に分け、
投票で選ばれた楽曲から当日の抽選で4曲が選ばれるという形式でした。

僕はAやIMPLANTATIONに投票していたのですが、
そんな曲が人気投票で上位になる訳もなく…
どれだけ上手くいっても準決勝までだなと思っていました。

とはいえ出来るだけ頑張るぞ!と意気込んで、
僕が抽選箱から引いた曲は…Fascination MAXXでした…

グループ1の方は逆月、マレ、バッドスイーツ、DIAVOLOだったので
そちらよりは生き恥を晒さずに済んで良かったですが…w

準決勝ではアップに1曲プレイさせてもらえるとのことで
FAXXでAAAすら出ないのは嫌だったのでLast MessageをS乱で選曲。

配信のチャットが盛り上がってて良かったですw

準決勝1曲目は僕が引いたFAXX
どうにもならず対策を諦めた曲で、皿チョン&S乱で挑みました。
最下位ではありましたが大きく離されたスコアにはならず良かったです…

U*TAKAプロが圧巻の2500点超えを叩き出していてビビりました。

2曲目はU*PAFE選手が引いたruins of opals
以前NORIプロにアリーナでボコボコにされた曲で
一時期はかなり練習はしていましたが、一発勝負では厳しく、
U*TAKAプロに117点、UCCHIEプロに35点離され3位。

3曲目はUCCHIEプロが引いたSense 2007
これは正規にかなり自信があり、練習もしていたのですが、
既にメチャメチャ癖が付いて終わった曲でした…

癖対策で緑数字を250→245に変えて挑んだものの、
自己ベストが2983点のところ無念の2913点で3位に終わりました。

4曲目はU*TAKAプロが引いたLethal Weapon
この時点で既に敗退が確定していたので
最後がこの曲なのはエモいな…などと感じていました。

僕は低速が致命的に出来ないので2位に入ることは不可能でしたが、
せめて低速までは頑張ろうと意気込んで臨みました。

終わってみれば80点差でしたが、
途中まで競ることが出来たのは良かったと思います…

ここで僕のエリナ杯は終わりました。


参加した感想

大会に参加するのはSPADAの頃の打劇ぶり
(と思ってましたがレジャーランドの交流会に出てた)で
かなり緊張しましたが、後半はそこそこ叩けていて良かったです。

間近でスーパープレイを見られるのも面白かったですし、
実際にBPLに出ている選手と戦えるのも貴重な経験でした。

また、普段は対策系の曲は全然触らないので
ソフラン曲に取り組む機会になったのも良かったです。

色々な人と会えてモチベーションも上がったので
またこういった機会があれば参加したいですね!

参加者各位、エリナ店長さん、運営の皆様もお疲れ様でした!


オマケ(特に警戒していた選手)

・U*TAKAプロ、UCCHIEプロ、1-PINプロ、RIOOプロ
メチャメチャ叙情を練習して自選でワンチャン?(無理でした)
同じグループに2人集まったら終わり。

・G*プロ、SEIRYUプロ
叙情やってない、他のやってない曲で自選狙えるかも?
発狂上手いメンバーと一緒に当たったら終わり。

・#MA3#プロ、MAKO-Gプロ
精度系を選曲をしてきそうで非常にキツイ。

#MA3#プロはこの前アリーナで当たった時に
CHEPYさんと僕をまとめてZETAで吹っ飛ばしてたので投げてきそう。
MAKO-Gプロはべあー杯で8S.プロにmosaicで勝ってたので投げてきそう。

・RIN選手
BPL2022ドラフト候補。
Plan8とTHE PEERLESS UNDER HEAVENが特に上手い。
下も発狂も上手くなってて危険。

LEGGENDARIA禁止ルールで良かった…

・U*PAFE選手
発狂系も中難易度も上手くて昔の曲も上手い
実は皿もかなり上手くて投げるなら叙情の予定でした。

・CHERRY選手
精度勝負はやりたくない…
一時期離れていたものの最近は前より上手くなってる。
得意傾向が近くて投げる曲に困る(中速系)

・YULI選手、Q-NO選手
(1)叙情とソフランがキツイ
(2)SWEET LABとSWEETEST SAVAGE系の譜面がキツイ

(1)(2)当たったら発狂でシバく

・KYON選手
Plan8が特にキツイ
最近かなり上手くなっててスコアの予想が付かない

投げつけるならインプラ

・PHN!X選手
キャンセル待ちだったはずがいきなり戦うことになってビビりました…
中速系が特に強く皿も上手い
投げるならop.31 叙情などソフラン系

・07KING選手
satfinalやKEEP ON MOVIN’など読めない選曲が恐ろしすぎる
プレイ中は開脚しない
ネタキャラ感を出しつつ実は普通に上手い

・他の選手の皆様
労働のため時間切れで情報収集しきれずーーーー
県別トップはチェックしていました。

対戦ありがとうございました!